posタイプのレジを導入することで得られるメリット
ロゴ

posレジそ導入する際に選ぶポイント

posシステムの付いたレジを導入する際は、業務の効率化に繋げることのできる機能がついているかどうかという部分が選ぶポイントとなるでしょう。飲食店で利用する場合は、会計業務に特化していたり、レジ締め業務を効率的に行うことのできるレジを選ぶとよいでしょう。

店舗にタブレット型のposレジを導入している方の口コミ

商品のラインナップに役立てています

店舗にposレジを導入した理由は、商品の在庫管理を行うためです。どの曜日のどの時間にどんな商品が多く売れているのか、逆に売れていない商品はどういったものなのかなど、記録されたデータから素早く調べることができるため、商品のラインナップを決める際に役立てることができています。

会計時のミスが減りました

posレジを使用してからは、会計時のミスを無くすことができるようになりました。お釣りも自動で出てくるので、わたし間違えも防ぐことができ、以前より会計時のトラブルを減らすことができています。

オーダーエントリー機能が使える!

飲食店で働いていますが、オーダーエントリーという機能がとても素晴らしいです!お客様からの注文があったら、すぐに全員が確認できるようになっているため、商品の準備を素早く行えるようになりました。

人件費を削減することができました

posレジを使用することで作業を効率的に行うことができるようになったため、スタッフの業務時間を大幅に短縮することができました。また、混雑時の時間帯を記録し確認することもできるため、シフトも決めやすく、出勤したのに暇という状況を無くすことができたため、人件費の削減につなげることができました。

posタイプのレジを導入することで得られるメリット

レジスター

posレジの歴史

レジはもともと売上管理や不正を無くすためにつくられたもので、金額を表示させるという機能のみが搭載されたものでした。しかし、1970年代に入ってからは、多くの機能が追加され、在庫の管理がしやすいように商品の部門ごとに会計時の合計金額を分けることができるようになりました。このレジがposレジです。

さらに発展したposレジ

1970年以降に大きな進化を遂げたposレジですが、現在ではさらに多くの機能が追加され、タブレット型のものも取り入れられています。タブレット型のposレジは、タッチパネルのため直感的な操作が可能です。新人スタッフでも簡単に操作することができるため、新人育成の時間も短縮することができるでしょう。

スペースを最上限に

現代のposレジはタブレット型のものもあるため、それほどスペースをとらずに置くことができます。あまり広くない店舗でも、レジのスペースを少なく済ませることができるため、他のスペースを有効活用することができます。

顧客満足度をアップさせよう

posレジでは、商品の売上情報も正確に記録することができるため、人気商品の在庫切れを防ぐことができます。在庫切れを防ぐことで商品を買いに来た方が欲しい商品を手に入れることができるため、顧客満足度のアップに繋げることができるでしょう。

広告募集中